アスキー・メディアワークス

第15回 電撃コミックグランプリ ご応募ありがとうございました!
これまでの受賞作
選考結果 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回


少年マンガ部門
少年マンガ部門 総評  最終選考委員:綱島志朗
今回初めて電撃コミックグランプリの審査員をさせていただきましたが、『THREAD』や『DAKINI』を始めとしてどの作品もクオリティが高く、楽しむことができました。中でも『THREAD』は自分の描きたいものを媚びることなく押し出した作風が非常に印象強かったです。今後への期待も込めてグランプリに推させていただきました。これを励みにして経験を積んで、より高みへとクラスチェンジして欲しいです。次回第15回のコミックグランプリでも、応援したいと思わせる意欲的な作品に出会えることを楽しみにしています。
グランプリ 『THREAD』 青インク 48pあらすじ誰をも三歩以内に倒してしまう“カルマ”を背負った楽園の番人・フドウ。ある日、穴を掘るというカルマを背負った少女・ウバリに出会い──。

講評 新人離れした画力に驚かされ、さらに将来への可能性を感じさせてくれました。内容面で物足りなさはあるものの、確かな画力から生み出される戦闘シーンは構図のうまさも相まって、少年マンガが元来持っている「かっこよさ」を感じさせます。物語の構成力アップに期待します。

最終選考委員 選考評(綱島志朗) 描きたいものがハッキリしていて、媚びたところのない意欲的な作品。完成度が非常に高く、構図の取り方一つとっても、作画力の高さを感じさせた。今後の伸びにも強く期待しています。
準グランプリ 『DAKINI』 sigama 35pあらすじ ダキニというあやかしに、幼馴染みであるとうめの肉体を乗っ取られてしまった伏見。とうめを救うため、伏見はダキニの従者としてヒトガタを狩る──。

講評 シンプルな物語に心理描写をしっかりからめていて、読みごたえのある内容でした。表情豊かな作画で、印象的なコミックに仕上がっています。今後は、アクションシーンを盛り上げられるよう、背景やキャラクターの身体の動きなどを研究し、画面演出の向上をしていきましょう。

最終選考委員 選考評(吉積 信) 描き込みによって雰囲気が良く作られており、時風にあった魅力もある。ボキャブラリーのセンスも感じ、典型的になりすぎないような要素の混ぜ方もうまい。
優秀賞 『これが僕の正義だ』 水口十 42pあらすじ 常に独りで、すぐに問題を起こす黒田。それを諌めたのは正義部の翔だった。二人のやり取りに色めく校内の生徒たち。だが新聞部の春日は二人のやり取りをヤラセだと感じ、真相究明に乗り出すが──。

講評 丁寧な作画とキャッチーな絵柄は高評価。テンポよくハイテンションなネームで一気に読ませる勢いがありました。しかし、セリフが多かったり、エピソードを詰め込みすぎたせいか、論点が分かりにくくなってしまった印象があります。今後はセリフとエピソードを吟味していきましょう。

最終選考委員 選考評(高河ゆん) 作品の内容的に少年マンガ部門なのかな? と気になりましたが、絵は文句のつけようがありませんでした。個性的なキャラクターには魅力がありました。
奨励賞 『十字路☆コントラクト!』 相生青唯 30pあらすじ ギターが大好きだが、才能に恵まれず伸び悩んでいる陸人。ある夜十字路で悪魔の吉野と出会い、才能と寿命の交換を持ちかけられる。果たして陸人の選択は!?

講評 ともすれば重くなりそうなテーマを軽い読み口で見せる構成が好印象。会話のみで展開される話ながら見栄えが単調にならないよう、入れる絵を工夫している点も新人離れしていました。ただ、主人公の年齢や序盤・中盤のギャグなど、やや青年誌よりの設定やネタは、もう少し少年誌向けに調整した方が良いかもしれません。
最終選考委員 選考評(大河内一楼) サービス精神が旺盛で、読者を楽しませようとする努力は見える。一方でそれによって描きたいものがブレてしまった印象。もう少し絵で見せるところがあればなお良かったと思います。
奨励賞 『MASTER PiecE』 梅干 28pあらすじ パーツウォッチング部が求めるのは、対象とした人物の最も美しい部分──「究極部位」を求め続ける! 今回部長の鷹嘴が選んだ対象は、隼人の幼馴染み。彼女の「究極部位」を隠したい隼人のとった行動は!?

講評 大変楽しく読めました。現代劇ということで導入に面倒もなく、フェチな部活というおもしろ設定にのせた、各キャラクターの配置もよかったと思います。ただよくも悪くも王道的で、ヒロインのキャラクターが弱いように思いました。身体の部位についても、もう少し突っ込んでも良かったかと。
最終選考委員 選考評(高河ゆん) さわやかで好感度の高い作品でした。会話も面白かったのですが、締めに欠けてしまった印象です。オチをまとめてくれていればさらによくなったかもしれません。
少女マンガ部門
少女マンガ部門  総評  最終選考委員:大河内一楼
最終選考の4作品の中で群を抜いて良かったのが準グランプリの『月下のユウウツ王子』でした。キャラ立てがうまく、読者のことを考えて楽しい作品に仕上げていたと思います。それでも少年マンガ部門と比べると全体的にいま一つといった印象で、グランプリ選出とはなりませんでした。絵は上手なのですが、内容的に独自の魅力、掘り下げが物足りない作品がほとんどでした。自分が何故このマンガを描こうとしたのかを意識して、完成させる前にもう一度、自分の作品を疑ってみてください。ちゃんと伝わってる?  他の展開はない? って。
準グランプリ 『月下のユウウツ王子』 西生まこ 32pあらすじ妹が生まれることをきっかけにヤンキーを卒業した素雪。イメチェンした途端、その容姿から王子呼ばわりされ、うんざりしていた所に月からの迎えが現れ──?

講評キャラがよく動き、表情も魅力的で物語に引き込まれました。ただ、事件解決までが少し飛ばし気味で、もったいなく感じました。それでも、一見突拍子もない“宇宙人”という設定もうまく使いこなしていたところはよかったです。今後はページ配分に注意して、さらなるステップアップを目指しましょう。

最終選考委員 選考評(大河内一楼) 定番から微妙にズレてるところが逆に魅力でした。キャラクターも楽しく、また学園風景もとても楽しそうに描かれていて、この学校に通ってみたくなるハッピー感がありました。
青年マンガ部門
青年マンガ部門  総評  最終選考委員:藤沢とおる
今回の青年誌部門は作品は少なかったけど、個性の違う3作品がそろい選考側としても非常に楽しめました。『ゲスいよ!花村さん』はブラックな内容とキャラで「この先どうなるんだ……』というワクワク感がありましたし、『スリーパーホールド』はオチは弱いけど、絵がきれいで商業誌レベルですし、『魔法少女ルリカと上原一家』はかなり個性的な家族で、すいぶん笑わせていただきました。ただ残念なのは、まだまだ演出が未熟で、世界観が素直に入ってこない……。そういう作品が多かったことです。面白い作品というのは、読む人が自然に世界を理解し、キャラクターを好きになっていく……。そんな作品だと思うので個性的なキャラや設定だけでなく、もっともっと自然に作品の世界に引き込む……そんな演出、流れを心掛けて、さらに面白い作品作りを目指してほしいです。
準グランプリ 『ゲスいよ! 花村さん』 木箱キユ 20pあらすじ念願の高校生になった花村あさひ。入学式へ急ぐあまり、倒れた老婆を見捨て、いじめの現場をスルーする……。ゲスい乙女の物語!!

講評自分さえ良ければ他人の犠牲には目をつぶるという、自己中心的な主人公の設定がユニークです。その非道ぶりにもさまざまなパターンが用意されており、読者を飽きさせません。主人公のとった行動が最終的に自分自身に跳ね返ってくるというプロットも完成度が高かったです。今後は画面構成がスッキリする工夫を!

最終選考委員 選考評(藤沢とおる) 女の子が可愛い。内容は、「道徳的にどうなの?」 と思うが、この先どうなるんだろうというワクワク感が一番強かった。
優秀賞 『魔法少女ルリカと上原一家』 A佐野 16pあらすじ小学5年生の上原ルリカの一家は魔術士一家。職務質問をされる母親や、変態な天才魔法少女の姉に振り回される日々を過ごしていて……。

講評キャラクターは表情豊かで背景も丁寧に描かれていました。また、ストーリー展開のテンポもよく大変読みやすかったです。型にはまらない魔法少女ものを大胆に描くことで、強烈なキャラクターの個性が活かされたと思います。描き込みが多く何をしているのか分かりづらい場面があり残念でした。

最終選考委員 選考評(山崎峰水) ランプを擦るギャグは、秀逸だった。コマの取り方や見せ方がもっとうまくなったら、さらに進化すると思う。
優秀賞 『スリーパーホールド』 ゆつき 20pあらすじ航平は友人に誘われ、冷凍睡眠装置に入り仮想空間を体験する。少年の姿になった航平は、仮想空間でコトリという美少女に出会うのだが……。

講評キャラクターの表情や背景は丁寧に描かれており、好感を持てます。しかし、冷蔵睡眠装置の作られた目的やコトリの正体についてなど、説明が不足している点が多々見られました。また、最終的に何を伝えたかったのか、焦点がぼやけているように感じられました。

最終選考委員 選考評(山崎峰水) 絵は上手く読みやすいが、少々物足りない印象。少女の存在に対し、疑問が残ってしまったのが残念。
全応募作品好評公開中

ASCII MEDIA WORKS

第22回 電撃大賞 第22回 電撃大賞

応募受付中!!
締切は2015年4月10日(当日消印有効)

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

みんなで書いてみんなで選ぶ! 日本最大級のケータイ小説コンテスト!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

読みたいBLは、書けばいい! 第9回B-PRINCE文庫新人大賞への応募作品受付中!

デジタルMANGA新人賞 デジタルMANGA新人賞

デジタルコンテンツをリードする新世代に向けたコミック新人賞!