アスキー・メディアワークス|B-PRINCE文庫 新人大賞

第7回 B-PRINCE文庫 新人大賞 結果発表
小説大賞 結果発表
小説大賞


あらすじ

 高校教師の岬(みさき)は、祖父の法事に参加するよう説得するためにいとこの大学准教授・悠真(ゆうま)の研究室を訪れる。子供の頃は喧嘩ばかりしていたけれど、実は悠真に恋心を抱いていた岬。久しぶりに悠真に会えるうれしさからか、前夜、悠真に抱かれる夢を見てしまっていた。なんとか平常心を装って研究室へ足を踏み入れるが、そこで女子生徒から没収したBL漫画が鞄の中に入っていることを悠真に知られてしまう。
 悠真は、「お互いどれだけ大人になったか試してみようぜ」と言い、岬にセックスしようと誘いをかけてきて!?

受賞者コメント

このたびは、大賞にご選出いただき、ありがとうございます。
BLが好きだからという気持ちで書き続けてきましたが、なかなか結果に繋がらず、正直もう投稿をやめようと思ったこともありました。
それでもあと一回、あともう一回だけチャレンジしてみようと己を奮い立たせて、今は報われた喜びをじんわり噛みしめている最中です。
しかしこれは単なるスタートラインに過ぎず、全てはこれからです。プレッシャーも大きいですが、今後は一作でも多く、皆様に楽しんでいただける作品を創り続け、息の長い作家になりたいと思います。
最後になりましたが、これまで支えていただいた方々にこの場を借りて心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

優秀大賞

あらすじ

 将来有望とされていた競泳選手の高校生・龍一(りゅういち)は、大会で溺れてから泳げなくなってしまった。勝利に固執するスポーツ一家の家族、そして特待生ばかりが揃うクラスの中で、龍一は徐々に孤立していってしまう。
 行き場をなくして自殺を考えた龍一を助けたのは、作家になりきれずゴーストライターをしている男・浅見(あさみ)だった。龍一は浅見に自分の心の傷を打ち明け、信頼を深めていく。穏やかな時間の中、龍一は浅見へと恋心を抱くようになるが、浅見には龍一を匿う残酷な理由があって……。

特別賞

あらすじ

 新入社員の高樹亮(たかぎ りょう)は新人研修の三か月間、会社の寮で桜井圭吾(さくらい けいご)と共に過ごすことになる。桜井は、酔うとキス魔になり高樹に何度もキスを仕掛けてきた。酔っ払いの戯れなのに高樹はやがて桜井に特別な想いを抱くようになってしまう。距離を置かなければと思っていた矢先、二人の配属地は別れ7年の時が過ぎた。再び同じ勤務地になった二人だったが、桜井への想いが再燃することを恐れ高樹は彼を避ける。しかし、無理やり飲みに連れ出され、昔のようにキスを仕掛けてくる桜井に困惑する高樹。さらに、桜井は「酔ったふりをしていただけだ」と告げてきて!?

奨励賞

あらすじ

 社会人二年目の相谷真哉(あいたに しんや)は、仕事で失敗続きで上司に怒られる毎日だ。そんな時、喫煙所で人事課長の速水(はやみ)と出会う。彼は「相談に乗ってあげる」と真哉を食事に誘い、僕と付き合わないかと告白してくる。リストラが怖い真哉は、追い詰められ速水の申し出を受けてしまう。優しいセックス、業務の改善法など、親身に真哉にアドバイスをくれる速水に、愛もなく付き合いを受けてしまった自分を嫌悪するようになる真哉だったが…。


あらすじ

 とある芸術大学の作曲学科に入学した悠太(ゆうた)は、新学期早々語学の講義に筆記用具すら持たず現れた謎の男・純哉(じゅんや)に何故か懐かれてしまう。二歳年上の先輩のはずなのに子供っぽくて奔放な純哉に振り回され続けるうち、悠太も純哉のことを放っておけなくなってしまう。しかし、ある日純哉は突然失踪し、悠太の前からいなくなってしまう。必死の思いでようやく探し出した純哉は、深刻な心の病を抱えていた。
 何度捕まえても、悠太から逃げて失踪してしまう純哉。それでも悠太は純哉に向き合おうとするのだが――。


あらすじ

 渡瀬蓮(わたせ れん)は、中学からの友達から弟の千尋(ちひろ)の世話を頼まれ一緒に暮らすことになる。しかし、そこには大きな問題が――実は、蓮はゲイで千尋に対して劣情を抱いていたのだ。友達の弟に手を出すことはできないと、千尋を避けるように生活していた蓮だったが、セフレの一言にこの劣情は「恋」だと気づかされる。なおさら拙いと感じあせる蓮に、千尋は突然「好き」と告げてきて!?

作品公募CONTEST

第24回 電撃大賞 第24回 電撃大賞

世界はきっと、キミを見つける。
第24回電撃大賞への応募作品受付中!

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!
魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

第11回B-PRINCE文庫新人大賞作品選考中!