アスキー・メディアワークス|B-PRINCE文庫 新人大賞

第5回 B-PRINCE文庫 新人大賞 受賞作品
小説大賞 受賞作品
小説大賞

優秀大賞

あらすじ

 兄に抱いていた恋心を手酷く拒絶され、孤独に生きてきた棋士の雨瑠(あまる)。兄が妻とともに亡くなり、兄そっくりの甥・夏樹を引き取ることになる。雨瑠は兄に似た夏樹と暮らすことに抵抗を覚えていたものの、溌剌とした夏樹との生活に、次第に孤独が癒やされていくのを感じる。穏やかな日々を過ごす二人だったが、ある日雨瑠は夏樹の同級生に「夏樹の才能を捨てさせて、家政婦代わりにしている」と糾弾される。夏樹は雨瑠と暮らすために、バスケでの大学推薦を断っていたのだ。そんなことをしてもらう必要はない、と雨瑠は夏樹を責める。しかし逆に、雨瑠を愛している、と夏樹に告白されてしまう。雨瑠も夏樹に惹かれる自分を自覚し結ばれるが、夏樹の将来を思った雨瑠は、夏樹と離れる決意をする。
 その決意を友人に話しているところを夏樹に聞かれ、かつて兄に恋心を抱いていたことも知られてしまう。自分が父の代わりにされていたと誤解したまま、二人は離れてしまうのだが……?

特別賞

あらすじ

 IT企業の広報部に勤める真城海人(ましろ かいと)は、一年前に別れた恋人・峰岸嵐(みねぎし あらし)のことを引きずっている。そんな時、話題の調香師・日向響(ひゅうが ひびき)プロデュースで会社をイメージした香水を作るプロジェクトに抜擢された。響の店を訪ねた海人は混乱し、その場から逃げ出してしまう。響のつけている香水が、嵐のものとよく似た香りだったのだ。翌日、再び店を訪れて謝罪すると、響に誘われて一緒に飲むことになった。酔った海人は元恋人の話を打ち明け、目隠しをしたまま抱いてほしいと響に頼む。官能的な一夜の後、響に秘密を打ち明けられた。響にもまた、忘れられない人がいたのだ。失恋の傷を舐め合うように何度も抱き合ううち、海人はいつしか響本人に惹かれていき……。

奨励賞

あらすじ

 子供の頃に光雅(こうが)がピアノを弾く姿に心を奪われ、以降ずっと彼に片思いしている高弘(たかひろ)。光雅はやがて音大に進学するが、ピアノ科ではなく作曲科を選んだ理由が、子供の時に高弘を助けるために光雅が指に負った怪我のせいではないか、と苦しみ続けていた。
 ある日、光雅の家に泊まりに行った高弘は、光雅を思って自慰している声を光雅に聞かれてしまう。光雅はもっと喘ぎ声を聞かせてほしい、と言う。光雅は目前に迫った作曲コンクールのための曲を作らなければならないのに、スランプに陥ってまだ一楽章も書けていない、しかし高弘の声を聴いたときに音楽が頭に浮かんだ。声を聴き続ければ曲ができるかもしれない、と言うのだ。そして、高弘は光雅に抱かれることになる。しかし、光雅の大学の同級生でヴァイオリン科の天才・伊勢谷(いせや)が現れ……?


あらすじ

 兄・葉月(はづき)を交通事故で亡くしたばかりの大学院生・睦月(むつき)の前に、小宮山(こみやま)という男が現れる。彼は葉月を看取った医師であり、葉月と同棲していた恋人でもあった。小宮山は「家に葉月の幽霊が出るようになった」と言う。そして訪れた小宮山の部屋で、睦月は葉月の幽霊に体を奪われ、小宮山とセックスしてしまう。
 睦月を介して思いを通わせる二人のいじらしさに負け、小宮山と同居を始めた睦月は葉月に体を奪われ、抱かれ続けることになった。睦月は葉月の恋人だと認識しつつも小宮山に惹かれていく。
 ある夜、睦月は葉月に体を乗っ取られた振りをして、小宮山を求める。小宮山もそれが睦月の意志であることを知ったうえで抱いた。しかし、その夜からしばらくして、部屋からは葉月の気配が無くなってしまい……。


あらすじ

 循環器科で高名な桂木秀英会病院の三男で、内科医として勤務する秀明(ひであき)。しかし庶子であるため病院の看板である循環器科医になることも許されなかった。
 ある夜、恋人に振られてバーで飲んでいた秀明は、美女連れで現れた男に筋違いな嫉妬をする。女をナンパし、ホテルの部屋で落ち合うことに。しかし、部屋で待っていたのは男の方だった。二人で飲むうち、生い立ちや苦境について語ってしまった秀明は、真摯にその告白を受け止めてくれた男に心も体もすべて委ねてしまう。
 その後秀明は男・二宮(にのみや)と再会する。彼は製薬会社のMRで、営業目的で秀明にアプローチを仕掛けてきたのだった。肉体関係をネタに自社の薬を採用しろと迫る二宮。しかし、二宮が強引な手段をとるのには理由があって……?

作品公募CONTEST

第24回 電撃大賞 第24回 電撃大賞

世界はきっと、キミを見つける。
第24回電撃大賞への応募作品受付中!

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!
魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

第11回B-PRINCE文庫新人大賞作品選考中!