アスキー・メディアワークス|B-PRINCE文庫 新人大賞

第4回 B-PRINCE文庫 新人大賞 受賞作品
小説大賞 受賞作品
小説大賞


あらすじ

 住んでいた格安アパートが取り壊されることになり、引っ越し先を探していた海斗(かいと)は≪ある条件を満たせば、家賃は応相談≫という高級住宅街のシェアハウス「メゾン・パラダイス」を紹介される。ある条件とは――「ゲイであること」。海斗はノンケだが、メゾン・パラダイスが憧れの建築家の作品だと知り、ゲイの振りをして入居することに。しかし「二年前に会ったことがあるよね?」と話しかけてきた、見知らぬ美貌の入居者・春近(はるちか)の思わせぶりで気まぐれな態度に翻弄されて……v
 海斗に何かとちょっかいをかける管理人・有坂(ありさか)をはじめ、甘え上手な小悪魔高校生・瞬(しゅん)、古風で木訥な会社員・中務(なかつかさ)、そして謎めいた春近。曲者ゲイ揃いのメゾン・パラダイスでの海斗の新生活の行方は!?

受賞者コメント

この度、第4回B-PRINCE文庫新人大賞<小説大賞>を受賞させていただき、言い尽くせないほどの光栄に、これは現実なのだろうかと今も体が震えています。
これからのことを思うと、不安も喜びも両手に抱えきれないほどですが、そ の一つひとつを前進する力に変えていきたいです。今はただ、このような機会を与えていただいたことを感謝し、私を支えてくださった全ての方に心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

優秀大賞

あらすじ

 将来有望と期待されていたサッカー選手の不破(ふわ)は、試合中の怪我が原因で、いい成績が残せず苦悩していた。そんな時、同じクラブの先輩から「エンジェル・フィンガー」と呼ばれる整体師を紹介される。半年先まで予約が取れない病みつきになるほどの腕前を持つ整体師の慶(けい)の施術を受け、不破は再びサッカーの勘を取り戻しはじめた。また彼の施術を受けたいと願っていた矢先、慶が元彼に付きまとわれている現場に遭遇し、不破は彼をたすけると当時にゲイであることを知る。慶は口止め料として、不破に毎週整体を施すことを約束してくれるのだが、彼に触れられているうちに、不破は慶を抱きたいと思うようになり…。

特別賞

あらすじ

 橘柚希(たちばな ゆずき)は、人気ドール作家・深海恭介(ふかみ きょうすけ)の大ファン。深海の姿を一目見ようとイベント会場に足を運んだ柚希は、彼の目の前で失神してしまう。目覚めた時、柚希は深海の手で脱がされ、肌を触られていた。驚く柚希に、「ドールのモデルにならないか」と持ちかける深海。一も二もなく承諾したが、実はラブドールのモデルの仕事だった! 憧れの人との仕事に浮かれていると、ラブドールメーカーの社長から深海の過去を聞く。深海は子供の頃の経験により、恋愛ができないという。初出勤の日、深海への恋愛感情を知られそうになった柚希は、深海の傍にいるために「恋愛感情なんていらないから、自分をラブドールとして扱え」と提案し……!?

奨励賞

あらすじ

 傲慢なエリート商社マンだった高槻(たかつき)は、失脚をきっかけに辞職し、虚飾に満ちた生活を終わらせて山奥のガラス工房へと引きこもり、静かな日々を送っていた。そんな時、離婚した妻・理沙子(りさこ)が現れて「しばらく弟を預かってくれ」と言い出した。高槻は押し切られるように、父親代わりの男に与えられた心的外傷のため喋れなくなってしまった元義弟・凛(りん)を引き取ることになる。人嫌いで不器用な高槻と、内気で控えめな凛。真逆の性質を持つ二人は、隔絶された山奥の中、筆談で会話を交わす穏やかな日々を送るうち、徐々に思いを寄せ合うようになっていく。
 許されない恋情と初めて感じる愛しさの間で高槻は苦悩するが、やがて凛を理沙子のもとへと帰す日が近づいて――……?


あらすじ

 翠(あきら)の住むアパートの隣に新しい入居者が越してきた。外を窺うと、明るくて生意気そうな男・陽向(ひなた)がいた。その日から翠は、薄い壁越しに聞こえる物音に、陽向がギターを弾くことや嗚咽を殺して泣いていたことを知っていく。
ある朝鍵をなくした翠を陽向が部屋へ入れたことをきっかけに二人は互いの部屋を行き来するようになり、惹かれていく。しかし、翠には恋愛感情はないが恩義のある交際相手・崇彦がいた。崇彦との関係を陽向に知られたくない翠は部屋にやってきた崇彦を拒むが、強引に抱かれ、壁越しに全てを聞かれてしまう。崇彦との関係について問いつめられた翠は、陽向への恋心を隠して崇彦が好きだと嘘をつく。それでも諦めきれない陽向が起こした行動とは……?


あらすじ

 ヴァイオリニストの高柳瞬(たかやなぎ しゅん)は、かつて自分の伴奏者だったピアニストの深水国弘(ふかみ くにひろ)と再会し、再びパートナーとなった。学生時代から、深水に対する恋心を抑え込んでいた瞬。『つまらない』と評される自分のヴァイオリンが、豊かな音を奏でる深水に相応しいのかと不安を抱いていた。加えて音楽に悪い影響を与えたくないという気持ちもあり、深水を恋の対象として見ないようにしていた。しかし、二人が出会う以前から深水が自分の演奏に憧れていたことを知り、恋心を誤魔化しきれなくなる。そんな時、瞬の演奏に反感を持つ桐原(きりはら)というヴァイオリニストに挑発され、耳を舐められたところを深水に見られて……。


あらすじ

 幼い頃からピアノが好きで練習に励んでいた隼人(はやと)は、大学で律(りつ)という学生と知り合う。彼はピアノを好きな隼人を、どこかうらやましそうな、悲しそうな目で見つめてくる。ある日、律の友人から、彼も昔はピアノを弾いていたという話を聞く。律は些細な怪我が原因でピアノから遠ざかっていたのだ。律が自分を見つめるときの表情の本当意味を知った隼人。彼の前でピアノの話を楽しそうにしていた自分を思い返し、隼人は申し訳ない気持ちでいっぱいになる。そんな時、律が再びピアノを弾く姿を目にし、隼人は自分の気持ちに気が付くのだが…。

作品公募CONTEST

第24回 電撃大賞 第24回 電撃大賞

世界はきっと、キミを見つける。
第24回電撃大賞への応募作品受付中!

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!
魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

第11回B-PRINCE文庫新人大賞作品選考中!