アスキー・メディアワークス|B-PRINCE文庫 新人大賞

第2回 B-PRINCE文庫 新人大賞 受賞作品
小説大賞 受賞作品
小説大賞


あらすじ

 兄弟のように育った幼なじみの澄良(きよら)・千隼(ちはや)・帆嵩(ほだか)。澄良はずっと、千隼に片想いをしていた。高校卒業を機に上京する前夜、初恋を封印しようとする澄良に帆嵩は好きだと想いを告げ、東京でひとり暮らしを始めた澄良を追って部屋に転がりこんできて!? さらに、千隼までもが同居すると言い出して…。
「うまくいかなかった恋の代わりにみんな、他の誰かに恋するんだ……それが、俺じゃ駄目?」――すれ違う親愛と恋心の行方は?

受賞者コメント

 このたび第3回B-PRINCE文庫新人大賞・小説大賞を受賞させていただきました。身に余る光栄に、言い尽くせない想いと震えるくらいのプレッシャーを感じていますが、創作している間だけは不安を忘れられます。
 BL小説を書くのが好きです。楽しみながらこれからもがんばります! 私を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

優秀大賞

あらすじ

 木馬颯一(きば そういち)は、昨年の全日本ロードレース選手権JGP2クラスのチャンピオンで、幼い頃から数々の大会で優勝してきた優秀なレーサーだ。しかし、昨年レース中の事故で、チームメイトのライダーを失ったショックから、思うように自分の走りをすることができなくなっていた。そんな時、代わりのライダーがチームにくることになる。新しく来たライダー・観上凛(みかみ りん)は、過去に颯一がバーで飲んでいる時に声をかけて、強引に抱いた名前も知らない男だった。凛はチームに来て早々、颯一の走りを否定する。「迷いがあるなら走るのをやめるべきだ」。颯一は、凛の言葉に本来の自分の走りを取戻し始める。うまくいくように思えた二人の関係だったが、突然凛がチームを辞め消えてしまい!?

受賞者コメント

 この度は優秀賞を受賞させていただきありがとうございます。本当に嬉しいです! 今回は自分でも挑戦したお話だったので、友人二人に読んでもらい応募のギリギリまで修正を重ねました。私を気遣いながらもはっきりと問題点を指摘してくれた友人には本当に感謝しています。Sさん、Kさん、ありがとう!
 諦めずに好きなものを書き続けてきてよかったと心から思います。なのでこれからも続けていきます。よろしくお願いします!

特別賞

あらすじ

 大学生の三池樹(みいけ たつき)は、有澤周以(ありさわ しゅうい)という自慢の幼馴染がいる。誰よりも自分のことを理解してくれて、最も信頼できる友人、周以。いつも周以に甘えていた樹だったが、夏休みの初日、二人の関係は突然崩壊した。「おまえじゃなきゃダメだ」と火傷しそうな熱で思いをぶつけてくる周以。友達だと思っていた樹は、突然の告白にどうしていいのかわからず、とまどい苦悩し、苛立つ。
 もう昔のように一緒に笑って過ごすことはできないのか、今までの関係は全て消えてしまうのか。友でいたい樹と、彼を思う気持ちを抑えられない周以。これ以上、樹を苦しめたくないと、思いを断ち切ろうとする周以に樹が出した結論とは……。

奨励賞

あらすじ

 中学で出会った響希(ひびき)と翔宇(しょう)。二人はゲイだったが親友以上の関係にはならなかった。二人とも攻だったからだ。だが、響希は翔宇の事が好きだった。
 高校を卒業した二人は同居して売り専で働き始める。ある日、他店のボーイ・零(れい)と三人で遊びのようなセックスをすることに。翔宇の身体に目を奪われる響希。しかし事後、翔宇から「零の事が好き」と聞かされ、響希はショックを受ける。
 翔宇のいない生活を想像して塞いだ響希は、客とのトラブルもあって翔宇に「抱いて欲しい」と頼む。ついに二人は最後の一線を越えようとするのだが……?


あらすじ

 東京郊外にオープンしたばかりの美術館に足繁く通っていた高校生の加宮比呂(かみや ひろ)は、美術館に修復師として勤める扇田丈(おうぎだ じょう)と知り合う。ゲイであることが知られたために転校し、その後も不登校になっていた比呂だったが、丈と親しくなり仕事の話を聞くようになって美大受験を志す。丈の指導のもと、美大受験対策として館内に展示されている絵画の模写を始める比呂。次第に丈に惹かれていった比呂は想いを伝えようとするが、丈は応えるべきか迷う。丈もまた、同性の想い人との間で苦しんだ事があったのだ。
 ちょうどそんな時、比呂が模写のモチーフにしていた展示絵画が贋物とすり替わっている事件が起きる。比呂は犯人として疑われてしまい――?


あらすじ

 黒崎組の構成員だった藤堂貴臣(とうどう たかおみ)は、一目見て気に入った美貌の大学院生・倉橋玲人(くらはし れいじ)を愛人にしようと目論むのだが、藤堂と同じくサディストであった倉橋は、藤堂の誘いを断る。しかし、なぜかどうしようもないほどに藤堂に惹かれてやまない倉橋は、組を抜け会社を興した藤堂に誘われるまま、社長秘書となっていた。体の関係を持たないことを条件に藤堂の右腕となり六年が過ぎた。そんなある日、黒崎組組長が他界したことから、かつて構成員だった藤堂の会社にも争い事が飛び火してくる。何かを隠している藤堂に倉橋は不信感を抱くようになるのだが……。

作品公募CONTEST

第24回 電撃大賞 第24回 電撃大賞

世界はきっと、キミを見つける。
第24回電撃大賞への応募作品受付中!

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!
魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

第11回B-PRINCE文庫新人大賞作品選考中!