アスキー・メディアワークス|B-PRINCE文庫 新人大賞

第2回 B-PRINCE文庫 新人大賞 受賞作品

第2回B-PRINCE文庫新人大賞 募集期間:2010年10月1日〜2011年3月31日 小説部門応募総数:223作品 (長編107作品・短編116作品) 一次通過50作品/二次通過20作品/受賞7作品 イラスト部門応募総数:106作品 一次通過17作品/二次通過7作品/受賞3作品

小説部門 【小説大賞】 『初恋の続きをしよう』川琴ゆい華 【優秀賞】 『0.1秒先の未来』保科志帆 【特別賞】 『ビューティフルワールド』おのにしこぐさ 【奨励賞】 『夜かかる魔法について』戌塚ねり 『隠された想いは絵の中に』暮野 逢 『これが愛でなくとも』水原優華 受賞作品の詳細 イラスト部門 【イラスト大賞】 森原八鹿 【優秀賞】 該当者なし 【特別賞】 たまごぱん/黒須 白 【奨励賞】 さいのすけ/七都マカ/星形飛乃

今回の新人大賞の審査では、小説・イラスト両部門ともに、第2回までの応募作品に比べて技術はあるものの、それを『受け取り手の心に響くもの』まで仕上げられていない作品が多いように感じられました。

【小説部門】に関しては、筆力はあるもののひどくテーマが重く、救いのあまりない作品が多かったように感じられました。シリアスであることが低評価になるのではありません。BLジャンルの作品として楽しめるかどうか、という点において、あまり注意が払われていない作品が多かったのです。B-PRINCE文庫は「読みたいBLは、書けばいい!」というキャッチを掲げて作品の募集を行っておりますが、執筆者の『書きたいBL』は、果たして『読みたいBL』なのか、客観的になって推敲するのも大事な事かと思います。
このたび小説大賞を受賞なさった川琴さんは、第2回新人大賞で小説大賞を受賞した千島かさねさん同様、第1回新人大賞に応募後、第2回新人大賞で<努力賞>を受賞した方です。3回目の応募で、見事小説大賞受賞を掴み取りました。選外となったみなさんも、編集部からお送りする選評を元に、諦めずに執筆を続けていただくことを願っております。

【イラスト部門】では、個々にデッサンの狂いなどが気になるものの、応募作品の技術レベルは前回よりも上がっているように感じられました。ただし、人物と背景のバランスが悪く、「何を見せたいか」が不明確な作品が多かったのも確かです。
イラスト大賞を受賞された森原八鹿さんの作品は、荒削りな部分はあるものの、「どのキャラをどのように魅力的に見せるか」が考えられていた点が評価されました。

今回は【小説部門】小説大賞受賞の川琴ゆい華さん、【イラスト部門】イラスト大賞の森原八鹿さんのB-PRINCE文庫デビューが決まりました。
次回も素晴らしい作品に出会える事を審査員一同楽しみにしております。

作品公募CONTEST

第24回 電撃大賞 第24回 電撃大賞

世界はきっと、キミを見つける。
第24回電撃大賞への応募作品受付中!

魔法のiらんど大賞 魔法のiらんど大賞

新人作家大募集!
魔法のiらんど文庫から作家デビューしよう!

B-PRINCE文庫新人大賞 B-PRINCE文庫新人大賞

第11回B-PRINCE文庫新人大賞作品選考中!